起業

【酒類の販売数量等報告書】ワインショップを開業するとこんな報告書も…

ワインショップの開業までの煩雑な手続き、申請…etcなどを終えてほっと一息ついているともう3月。
この3月という時期は年度末ですね…。確定申告!いやいや、それもありますが、酒販店の経営者さま!税務署からこんな書類が届きます!

【酒類の販売数量等報告書】

とほほ…販売数量を報告する義務があります。

酒販店には年間(年度)の酒類販売数量を報告する義務があります。2021年2月から営業を始めた事業者でも2021年2月から3月までの販売数量を報告しなければなりません。提出期限は4月30日です。
今回私は、右も左もわからぬまま記入そして提出してみました(ちゃんと有識者に協力を仰ぐべき…)
基本的な記入の仕方は同封の酒類の販売数量等報告書の記載要領に書かれています。

ささっとまとめると…
・基本単位はリットル ℓ
・年間(4月1日から3月31日)の販売数量
・卸売りと小売りに分けて記載
・酒類の区分ごとに記載(果実酒や清酒等)
・提出期限は4月30日

こんな感じでしょうか。

基本的には会計&仕入れデータを拾えばOK!…なのですが、小さい酒屋さんや個人事業として営業されているかたはなかなかそうもいきませんよね。
決済サービス&無料POSのスクエアと会計ソフトfreeeを使うと便利。スクエアでカテゴリごとに果実酒や清酒と割り当てておけば、一目で年間の数量がわかります。また、freeeと連携できるので、決済が自動的に記帳されます(便利)
スクエアはカード決済や電子マネー決済を使った場合の手数料だけかかるので、それ以外の固定費はかかりません。

コスト無しなのでぜひ導入してみてはいかがでしょうか。
参考までにどうぞ↓

https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale?device=c&gclid=Cj0KCQjw4v2EBhCtARIsACan3nx-mKvQ9QK-AVZpJaZpkReYbtvHqi3wCILQtivYnbmG6lrTxmfVVxoaAtwaEALw_wcB&gclsrc=aw.ds&kw=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%A2+%E3%83%AC%E3%82%B8&kwid=p60615797192&matchtype=e&pcrid=510891641182&pdv=c&pkw=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%A2+%E3%83%AC%E3%82%B8&pmt=e&pub=GOOGLE

…私の提出した書類が税務署から送り返されてきませんように。

そもそも有料試飲に飲食店営業許可は必要なの?【酒販店】

31歳独身男が脱サラしてよかったこと。悪かったこと。

がむしゃらに会社のために働いていると、ふとした時に思いませんか?
『脱サラしてみたいなあ…』と。

私ももれなくそういう人間の一人だったことを29歳のときに気付かされました。

特に強い理由、例えば『社会の役に立つ技術を作ってやる!』というようなものがあったわけではありません。どちらかと言えば『このまま会社に勤めて…いまの延長線上の人生を送るのか…』というものが9割でした。

おそらく前者のような起業する強い理由を持って、起業を行う人のほうが少数派だと感じます。起業資金も高く、チームや能力が不可欠です。後者の場合はパーソナルな魅力で勝負したい!という方が多く、比較的低予算で起業するように思います。もちろんどちらがいい…とは一概に言えないと思いますし、個々の人生なので成功や満足の尺度は人それぞれです。

今回はその尺度のうちの一つ、私が個人事業主として小規模脱サラしてよかったことと悪かったことを書き記しておきたいと思います。

まず悪かったことから

収入が安定しない。

です。私にとってのデメリットはほぼこれだけです。
月単位での収入が安定しません。日や月あたりのばらつきはもちろんのこと、1年単位で売り上げが出ているように見えても次の年の確証はないのです。
つまり、1年目に利益(手元に残るお金)が100万円あっても2年で平均したら50万円だった…なんてことも簡単に起こり得るということです。

きっと優秀な経営者はあるうちに使い、使った分でそれ以上を回収するのが基本でしょ?とおっしゃると思います。確かにその通りで、おおよそその通りになってしますのですが…心的負担が掛かります。これは会社員時代にはなかったものだな。と感じました。

とは言え、これからの社会は『年俸契約』や『期間契約』のような流れになってきているような気もします。そうなるといまの会社員のような感覚はなくなってきて、個人事業主感覚が強くなっていくのかなとも思います。
そうなっていく場合、早めに自身で経験出来ているのはいいことだと思います。

よかったことはいくつかあります。

意欲的になった。

お金の管理をすしっかりするようになった。

関係業者とのつながりが楽しく感じられる。

です。私は会社員時代の稼ぎとあまり変わっていませんので『儲かる』はメリットになっていません。
ただ、大きく変わったのは心の負荷が減ったことと自分らしさがより出てきたことなんだと思います。なので1番よかったことは意欲的になったことです。

どうしても会社にいた時には歯車感や自身のらしさというのは発揮しにくかったです。これは会社によると思います。
なので、独立したほうがいいのは抑圧されている方やあまりいい環境にいない方のほうが向いている(メリットを享受しやすい)と思います。

ちなみにノマドワーカーやフリーランスのWEBデザイナーなど、かなり母数が多い仕事ではなかなか独立しにくいと思います。

https://fishinthebox.net/2021/03/19/%e8%84%b1%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e7%ab%b6%e5%90%88%e3%81%8c%e5%b0%91%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d%e3%82%92%e7%8b%99%e3%81%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0/

その点、私が開業したワインショップは競合が比較的少なく、需要もある程度維持されている業態のように思います。

ちなみにワインショップはソムリエ資格などなくても始めることが出来ます。
WSETというワイン国際資格は実務経験などなくても、ワインの品質評価に特化した訓練及び技能が身に付きます。

https://fishinthebox.net/2021/03/19/wset%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%ab%ef%bc%9f%e3%82%bd%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%82%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81/
WSETってなに?

話がそれてしまいましたが、脱サラして個人事業主になったよかったこと悪かったことは

金銭的な不安は残るが、それを補うほどの心の安定や意欲が手に入る

ということです。
様々な起業の形態や状況があると思いますので、一つの参考程度になればと思います。

https://fishinthebox.net/2020/09/03/post-56/

そもそも有料試飲に飲食店営業許可は必要なの?【酒販店】

酒販店やワインショップその他酒販免許を取得していて、お酒の小売りをしているところはたくさんありますよね。
お客様に試飲をさせたい。グラスで提供して角打ち風のお店にしたいなど、お店でお酒を開栓して売りたくなることありませんか?
そんなときに悩むのが飲食店営業許可の有無。私が保健所に問い合わせた(開業時)内容を記載していきます。

お酒を開栓し、有料で販売するなら必須!

グラスワイン¥500や今日のおすすめ日本酒1合¥700などメニューを設けて開栓済みのお酒を提供する場合は必須です。
私のお店もそのためだけに許可を申請しました。

無料ならいいの?

有料無料を問わず、基本的には不可。焦点はお客様自身が買ったものをそこで飲むか従業員が提供するかに焦点が置かれるようです。
ただ、カーディーラーなどでいただけるコーヒーなど飲食店営業許可なしで飲料を提供しているところはたくさんあります。ただ、グレーなので飲食店許可は取っておいたほうが無難でしょう。

脱サラするなら競合が少ないところを狙え!?ブログ的思考

これから脱サラして起業を考えている人は起業したくても何をしようか、または自分の好きなことをって需要があるのだろうか。と悩むと思います。
そんな私もいろいろ悩みましたが、ブログ的思考がとても役に立ったのでご紹介したいと思います。

ブログも起業も競合が少ないところが狙い目!

とあるブログで閲覧数を伸ばすためにはという内容が書かれていました。
そこに書かれていたのが、

競合(ほかに書いている人が少ない)していないコンテンツを書く。

ということでした。
とはいえ、まったく書いている人がいない記事というのはなかなかありませんし、ワードもなかなかありません。
しかし『あれ?この組み合わせってありそうなのに古い記事ばかりだな』…というものはたまに見かけませんか?

そのブログの閲覧数を伸ばす方法で言っていたのは『まったく新しい必要はなく、既存のものでも組み合わせや捉え方で新しくすることが出来る』というのです。

なるほどなあ…と思い、私はその発想を起業にも生かしました。
コーヒー×ワインという形でカフェとワインショップの中間のような酒屋を開いたのです。地理的にも競合がほとんどいない駅から離れた住宅地の真ん中に。
(もちろん有効人口調査も重要です)

Google検索で『コーヒー ワイン』と検索すると母数が少ないので、上位に表示されますし、そのエリアではほとんど競合がいないので『エリア名 ワインショップ』でも1位で検索結果が表示されます。
これだけでもかなり大きな恩恵を受けることが出来ます。

また、地域の情報誌や口コミなどもかなり高い効果が得られます。

既存×既存で新しいコンテンツを作る

競合がいないところを狙う

というブログ的考え方からヒントをもらった一例でした。

https://fishinthebox.net/2021/03/20/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e6%9c%89%e6%96%99%e8%a9%a6%e9%a3%b2%e3%81%ab%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%ba%97%e5%96%b6%e6%a5%ad%e8%a8%b1%e5%8f%af%e3%81%af%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%ae%ef%bc%9f/

内装工事費200万円でワインショップの内装は作れるのか。

ワインショップを始めることにした31歳です。
始めるにあたりさまざまなことを調べたり、聞いたりしてきました。そんな情報をざっくりまとめております。今後は個人事業主として活動していきます。
今回は内装費のお話。

 開業する上で、費用の大きなウエイトを占める内装工事費。私も頭を悩ませられました。そもそもの相場も分からずデザイン設計の会社の言い値になってしまうことも多いようです。
さて、200万円で作れるのかという疑問に対しては『作れる』というのが回答になります。ただし、満足のいくものが作れるかどうかは別の話です。私が200万円で依頼した時の内容を記したいと思います。

200万円でどんなことができる?

 大まかな前提条件として『12坪・スケルトン・築浅』とします。非常にざっくりですが、お許しください。200万円では壁の塗装、天井の塗装、床(塩ビマット)程度の施工しか出来ないとの事でした。
これは私としては衝撃で、ほとんど施工できないという感じとほぼ変わりませんでした。
基本的には坪あたり50万程度が相場のようで、12坪でも500万円ほど掛けると手の込んだ内装が出来るということでした。
つまり200万円ではなんとなくの雰囲気程度しか出来ない。ということです。

潤沢に施工をお願いしたいなら…

 12坪の小規模店舗でも500万円は必要なようです。(それでも私はやはり少なめでオーダーしました)バーカウンターを設置したり、照明にこだわるとそれだけで100万円程度上乗せされていくようです。また家具なども安価で見栄えの良いものを自身で探したほうが価格を抑えることができます。
しかし、ヴィンテージやレストア家具などは設計会社さまにお願いしたほうが安く購入できるようです。

【結果】200万円→300万円の予算アップをして依頼

 お店としてかかった費用は商品価格に上乗せしていかなければなりません。しかし、店舗イメージが良くないと集客自体が非常に困難になります。なので自身の販売計画とのバランスを取ることが必要です。
私の場合、高級ワインを売りたい!広めたい!という気持ちでの開業ではなく、身近にワインを感じてほしいという開業の思いなので内装費にウエイトを傾けすぎないようにしました。(欲を出すと歯止めが利かなくなります)結果として、イメージを写真や言語で伝え『300万円で出来る部分をお願いします』とオーダーをすることになりましたが、満足の結果になりました。

後日、写真または動画を公開予定です。

ちなみに、なんの人脈のない私が設計会社選びに使用したのはZehitomoというマッチングサービスです。

貸店舗を効率よく選ぶには ~田舎編~

実体験なのですが、物件選び…とても大変です。東京都内などでも魅力的な物件はすぐに埋まってしまいますし、絶対数の少ない田舎ではなかなか希望の条件に合致した物件自体が少ない…。
そんな中でどうのように効率的に選んでいくのか。が今回のお話です。

 開業するうえで重要と言われいる店舗選び。交通量や周辺の住民数など立地によってさまざまですよね。ここでは私(ワインショップ開業)が実際に選んだ経験を元にいくつかポイントを挙げていきたいと思います。

なにを基準で選べばよいのか。

 冒頭でも話したように立地は非常に大切です。ただ、希望ばかり挙げていても『貸出している店舗』が存在しないかぎり、契約することはできません。特に田舎ではそうですが、じぶんの選んだエリアに数多くの貸店舗が空いている状態は稀です。

 つまり、エリアをいくつか選定し、先に不動産仲介会社にピックアップをお願いするのがスムースです。その中から、周辺の居住数や交通量を調べ、選定していくと作業が捗ります。お願いする際に、退去がすでに決まっている物件も含んでもらえるようお願いするといいと思います。

 『いやいや、優良な物件はHPとかに載せてない物件も多いんでしょ?』という話を私も聞いたことがありますが、仲介会社の担当者に尋ねてみたところ『昔からあるような個人の仲介会社だけですね。大手の代理店では基本的にはインターネット上に公開しています。との事でした。
足を使って探すのもいいと思いますが、かなり労力を割かれることになるはずです。その場合は、エリアリサーチを兼ねて気になるエリアを回ってみるといいでしょう。空き物件自体を探し、気になる物件があれば、そこにある看板などで仲介業者の連絡先を入手できます。

周辺居住者や交通のリサーチはどうするの?

 周辺の居住者数はすぐに調べることが出来ます。jSTAT MAPというサイトが便利です。年齢ごとの分布や車で15分圏内など条件を設定して、データが出せます。データを見るだけならば登録をせずに使うことも出来ます。
自身のお店のターゲットが実際にどれくらい住んでいるどうかの確認が出来ます。

 交通量ですが…こちらは厄介です。交通量情報は調べると出ては来ますが、主要道路ごとの結果でありイメージが湧きません。自身のお店の近くに絞ることは難しいですね。
実際に候補のお店の前に1日居てみるとかなりイメージが湧くと思います(私は張り込みました)

とある日の様子…車内から交通量をカウント

実際に選んでみてどうだったか

 完璧とまではいかないもののなんとか納得できる物件を見つけることが出来ました。80%ほど満たしていると思います。なになら犠牲に出来るのかを明確にしておいたほうが店舗決定に役立つのは間違いないです。譲れる部分と譲れない部分を明確にして物件、貸店舗選びに臨みましょう。

ご参考程度になれば幸いです。どんなお店なのか気になる方はTwitterのフォローをお願いします🍷

個人で酒販店(ワインショップ)を開業するために必要なもの

ワインショップを始めると誓った私。始めるにはどうしたらいいの?とまず直面したのが、何が必要なのかということ。
そんな疑問をさらっと書き殴っているのが今回のお話。

基本的には酒販免許だけ

  びっくりすることに開業するのに必要なのは酒販免許だけです。これがあればワインが販売できます。ぶどうジュースを副業として年に15万円分くらい売りたいのであれば許可は必要ありません。が、お酒(アルコール1%以上)を販売する場合は酒販免許が必要です。
酒販免許にはいくつか種類があるので、販売するイメージに合わせて確認が必要です。
酒販免許についてははこちらにまとめてあります↓

 しかし、本業(事業所得)として開業される方がほとんどでしょう。その場合は開業届や青色申告の申請を行ったほうがメリットがたくさんあります。

あったほうがいいもの

 必要なものに比べて、あったほうがいいものはたくさんあります。きりがないので、私が実際に開業準備をしてみた中で感じたものをいくつかピックアップします。

・資金
 これは当たり前ですが、資金が多いに越したことはありません。
・行政書士さん
 酒販免許申請の代行や飲食許可申請の代行を行ってくれます。
 自身で行うよりもスムースで確実です。
・開業までがタスク化されているもの
 開業までのしおりのようなイメージです。これがあると非常にすすめやすいです。
 私は≪ソウギョウノート≫というものを使いました。無料です。これ便利です。

ワインの知識や経営の知識などももちろんあったほうがいいと思いますが、なくても何とかなるものだと思います。私は経営の経験はありませんでした。それでも酒販免許は取れます。
記事差し込み経営経験無しや税金滞納しちゃった人は酒販免許はとれないのか?

じぶんでやってみた感想

 ここでは非常に簡潔に書いてありますが、こまごまとしたことはもっとたくさんあります。しかし、感想としてはそんなにハードルは高くないと思いました。私が少し厄介だな…と感じた部分は
テナント選定【概要】
→田舎でも苦労します。
酒販免許申請【概要】
→行政書士さんにお願いしました。
内装業者選定【概要】
→マッチングサイトで選びました。
仕入れ先選定【概要】
→多すぎても少なすぎても危険。

みなさまのお役すこしでも立てばと思います。

酒販免許を取得する方法

 酒販店(ワインショップ)を開業するにあたって割と手間がかかるのがこの≪酒販免許≫

酒販免許にはいくつも種類があって非常に細かく設定されています。税務署が管轄しており、経営の審査や販売表示に至るまで目を光らせています。
いろんな種類があると思うと少し厄介だなと思ってしまいますが、酒販店(ワインショップ)を開業する場合、関係してくるのは主に2種類だけです。

酒販店(ワインショップ)を開業するために必要な酒販免許

 一般酒類小売業免許通信販売酒類小売業免許の2種類です。とても簡単に述べると店頭や対面での販売は一般酒類小売業免許が必要であり、EC(通販)で販売する場合は通信販売酒類小売業免許が必要である。ということです。
どちらにも一部制約がかかります。

一般酒類小売業免許→場所的な制約。同一の都道府県内(千葉県にお店がある場合は千葉県のお客様)以外への販売禁止。

通信販売酒類小売業免許→国内製造のお酒で年間製造3000キロリットル以上のお酒は販売禁止。国内大手メーカーの物は扱いにくい。

という制約があります。また、飲食店(居酒屋など)へ販売したい場合は一般酒類小売業免許があれば大丈夫です。

どっちの酒販免許を取得したらいいの?

 どちらかひとつと決まっているわけではありません。ご自身の販売計画に基づき判断されるとよいです。ただ、一般消費者向けに販売を考えている場合は両方の取得をお勧めします。私は同時に両方とも申請を行いました。併せて申請する場合、一申請にかかる登録料30,000円で抑えることが出来るので少しお得です。(別々に申請すると60,000円かかります)
ただし、通信販売酒類小売業免許を申請する場合はECサイト(ホームページ)を作成しておく必要があります。酒類販売に係る文言などチェックのためなので、公開しない状態でコンテンツを提出できれば大丈夫です。

意外と簡単にホームページも作れますので、ご安心ください。
私もこのホームページは自作してみました。

すずきCellar ホームページ
https://suzukiceller.com/

手続きは行政書士にお願いするべき?

 私はするべきだと思います。手続きも複雑であり、税務署へ何度も相談に行くのも気が引けたからです。酒販免許取得には4つの要件があるのですが、そのうちの2つが心配で私は行政書士さんに相談をしました。
当てはまる方が多いのはやはり経営の経験税金の滞納(私)でしょう。私も会社を退職してから市民税を少し滞納してしまったのですが、税金の滞納においては差し押さえなどの処分が行われていなければ大丈夫とのことでした。
経営の経験も、なんとかなるということでした。このあたりの相談に乗ってくれるので行政書士さんにお願いするのはおすすめです。しかし、酒販免許申請を得意とする行政書士事務所とそうでない行政書士事務所がありますので、実績や無料相談などでしっかりと選定することが大切です。

気になる価格は10万から15万程度です。酒販免許の交付まで通常2か月間ほどの審査期間があります。ご自身で申請する場合は書類不備などで申請期間が数か月延びてしまうこともあり、始業日が遅れるリスクを考えると安いと言えると思います。

個人事業主として、酒販店を開業される方のお役にすこしでも立てばと思います。